遠足の思い出と海外旅行

子供のころって、遠足というと学校行事の中でも1、2を争う楽しみな行事じゃなかったですか?

今振り返ってみると、遠足そのものも、もちろん楽しみでしたが、遠足そのものよりも、遠足の準備をすることが何よりの楽しみだったなぁ。

遠足のお菓子はいくらまでだから、これとあれと・・・と計算して、近くの駄菓子屋に友達と一緒に買いに行ったものです。

遠足のしおりとにらめっこして、必要なものをリュックサックに入れて、詰め方ひとつに悩んだり、結局当日の朝にもまだ終わらなくて。

そのせいか、遠足当日は遅刻ギリギリで学校に到着したことを昨日のように思い出します。

今では、私も大人になり、今度は海外旅行に行く度にその準備を存分に楽しんでいます。

海外旅行は遠足と違って規模が違うため、スーツケースや手荷物まで、いろいろと用意するものやまとめなければいけないことが山ほどあります。

だからこそ、楽しいんですけどね。

旅行会社から渡されたパンフレットを見るだけでも楽しみは膨らんできますが、これも遠足のしおりみたいなもんですね。

学生の遠足のときと違うのは、好きなものを好きなだけ持っていけることです。

おやつの制限もありませんし(笑)。

海外旅行便利グッズなどの値段や性能をインターネットで綿密に調べあげ、吟味に吟味を重ねて購入したりもしてしまいます。

でも、そうやって前もって準備を始める割には、毎回、必要なものを持って行くのを忘れてしまっていたり、まったく使わない物をもっていっていたりで、我ながら何をやっているんだろう?と思うこともしばしばありますね。

また、現地に着く前から、「海外旅行お土産」の内容も考えていってしまうので、ついついそればかり探してしまい、現地の本当のお勧めのお土産を見つけられなかったりもしてしまっています。

海外旅行準備に情熱を燃やしすぎたばかりに、子供のころと同じように飛行機に乗り遅れかけたこともありました。

ただ、前日はしゃぎすぎて夜更かししたおかげで、現地との時差をなんなく受け入れることができたのは、遠足当日にバテてしまっていたことと大きく違うことでしょうか。

「家に帰るまでが遠足」と先生が言っていましたが、私にとっては遠足も旅行も始まる前が一番楽しいようです。

モバイルワイファイをレンタルしないで海外なんて行けません!